箱女の日常

マイノリティーな日々を綴ります

苦手を克服

f:id:taiyounotousuita:20171118104320j:plain


 祖父母と同居するため

地元(市外)に戻ったら。

自宅から自転車で2〜3分のところに

歯医者ができていました。

大阪市内からも患者さんが来る

ほど、腕が良いそうで。

 せっかくだから行ってみよう、

そう思って、早6年。

 今年の9月から、やっとこさ

通院しています。

 

汚い話になりますが、

歯医者に通うのは11年ぶりです。

ゴキブリの次に歯医者が嫌いで、

ずっと避けていました。

 

初診の日は、前日から憂鬱で。

11年ぶりだから、虫歯だらけで 

怒られるかもしれないなぁと 

覚悟していました。

 

ところが

 

虫歯はゼロ!

この11年間、20キロ太る程、

暴飲暴食したにも拘らず

虫歯はゼロでした!

 

ただ、溜まりに溜まった歯石を取る

のが痛いです。

でも、若いときに比べたら

痛みもマシだし、歯医者に対する

恐怖心もなくなっていました。

 

この11年間、私も色々ありまして。

 

包丁でカボチャを切ろうとして

自分の指を切ってしまい。

しかも、縫合の際。

麻酔が効かなくて、指に感覚が

残ったまま縫合しました。

嘔吐しそうになるくらい痛くて。

あのときの激痛に比べたら、

可愛いものでした。

 

去年、逆睫毛の手術をしたのですが。

局所麻酔だけだから、完全に意識の

ある状態で外科手術をされました。

しかも助手の研修医が、手術中に

大きなクシャミをしたから、

執刀医の手がビクッと震えたのです。

その手には、もちろんメスを

持っています。

あのときの恐怖と緊張に比べたら

歯医者さんなんて、

「耳かきエステ」ぐらいに思えました。

 

そんなわけで

あれだけ嫌いだった(怖かった)

歯医者さんも平気になりました。

こないだは、治療中に

寝てしまいました。

夢まで見ました。

接骨院でマッサージを受けている

かのようにリラックスして

しまいました。

 

歳をとるって、

悪いことばかりじゃないですね。

 

 


専業主婦ランキング