箱女の日常

マイノリティーな日々を綴ります

老いに落胆

 

f:id:taiyounotousuita:20171109231323p:plain

 

 つい先日のこと。

スーパーに行こうとしたら

財布がありません。

扉の中にも、鞄の中にも

あちこち探してもありません。

 

自分で言うのもなんですが。

うちは、かなり片付いています。

探しようがないくらいに・・・

 

最後に財布を使ったのが、

前日に行った歯医者さん。

でも、あそこの歯科は

受付から10歩もないところに

エレベーターがあって。

私はいつも、エレベーターの前で、

鞄に財布をしまいます。

そのとき、落としたとしても。

そこは公道ではなく、院内だから

誰かが受付に届けているかも

しれません。

 

歯科に電話しようとしましたが

あいにく休診日でした。

仕方がないから、交番に行きました。

 

財布の中には、普段より3万円多く

入れていました。

この3万円は

帝国ホテルのディナー代金です。

あの日はカードで払ったので

近いうちに、クレジットの

引き落とし口座に入金する

つもりでいました。

財布には

祖父から預かっている、姪の生活費も

入っています。

他には

免許証、保険証、ピタパ

クレジットカード、TSUTAYAのカード、

落としたらマズイものだらけです。

 

血液が冷たくなるのが分かるほど、

動揺していました。

これは、高級中華をひとりで

食べに行ったことの

天罰でしょうか?

 

交番から戻って、クレジットを

利用停止しました。

姪が帰宅したので、事情を説明

しました。

姪と、もう一度

探しましたが見つかりません。

 

意気消沈して、和室で

へたり込んだ次の瞬間。

テレビ台のガラス扉のなかに

財布が見えました。

 

なんで、こんなところに!?

 

f:id:taiyounotousuita:20171109224716j:plain

(再現しました)

 

空き箱にストックの電池を

収納しているのですが

そこに財布があったのです。

 

私は絶対に夫だと思いました。

ラインで

私の財布を電池ボックスに入れたか

尋ねると。

夫は「全く知らない」と言います。

 

 

でも、私には。

あの場所に財布をしまった

記憶が全く無いのです。

電池交換した記憶もありません。

これが老化かと、自分に落胆しました。

しかも、かなり断捨離して

整理整頓しているのに。

何やっているんだ、私・・・

と落ち込みました。

 

夫にはラインで

財布は見つかったけど

しばらくクレジットカードが

使えないと伝えました。

 

すると、こんな返事が。

 

「今、思い出した」

「申し訳ございません」

 

 犯人は、やっぱり夫でした。

 

 前の晩に、自転車のライトの

電池を交換したそうです。

そのとき、電池のフタを開けるのに

一円玉が必要だったので

私の財布から取り出し。

で、そのまま

電池ボックスに財布を

置きっぱなしにしたようです。

 

夫からのラインです。↓

 

f:id:taiyounotousuita:20171109230812j:plain

 

 

夫が帰宅後。

私は文句を言いました。

夫は

「これが障害者です」

と言って、笑ってすませます。

 

あながち、夫の言うことは

間違っていません。

夫はプログラマーなのですが

勤務先で、人間データーベースと

言われるほど、記憶力が良いのです。

アスペルガーなので知能指数

高いです。

でも、家にいるときはポンコツです。

確かにこれは

発達障害の特徴でもあります。

 

でも、まあ。

今回の一件で、私も夫に

内緒にしていることがあります。

 

リビングで財布を探しているときに

謎の封筒が見つかり、

そこから4万円出てきました。

これをメイン口座に入金するか

自分の小遣いにするか

現在、悩み中です。

 

 

 


専業主婦ランキング