箱女の日常

マイノリティーな日々を綴ります

大和川 氾濫

私は大阪のA市とB市の境目に

住んでいて。B市に大和川があるので

B市から、大和川が危険水域との

エリアメールが届きました。

私の町内も浸水地域になっていました。

母は山の方に住んでいるのですが。

そこら一帯は、山崩れの危険が

あるので避難勧告が出ていました。

 

結局は、私の住んでいる地域では

水害は出なかったし。

山崩れも起きなかったから

母も無事ですけど。

 

テレビ局の報道の在りかたに

怒っています。

私は普段、テレビを見て怒ることも

熱くなることも滅多に無いです。

不倫で叩かれているタレントさんが

出ていようが。

暴言・失言の政治家が出ていようが。

何とも思わない性質ですが。

昨夜から今朝にかけての報道番組を

見ていると。

出演されている方、全員に腹が立って

しまいました。

 

大和川が氾濫って、大ごとです。

それを関西ローカルの番組でも

取り上げず、選挙のことばかり。

 

松井知事が災害対策本部に

戻るため、予定より早めに会見を

切り上げることになったのですが。

関西の某番組の某アナウンサーは

それを残念がっていました。

しかも、その某アナウンサーが

言うには。

その場にいたマスコミ各社は

会見時間をもう少し伸ばして欲しい

と御願いしたそうです。

 

テレビは

時代に追い付いていないし。

視聴者のニーズを全く読めていない

なぁと思いました。

 

私はSNSをやっていないので

大和川のことは全く知りませんでした。

姪に聞いて、ネットで検索してみたら。

22時半の時点で、危険水域に達して

いました。

 

高齢者はネットをしない人が

大半だし。

若い人が高齢者に注意を呼びかけたって

「テレビで報道しないから大丈夫」

って思ってしまいます。

それに、歳をとると頑固になるから。

若い人の助言を素直に

聞いてくれません。

 

私は高齢者と暮らしているので

今回の件は本当に腹が立っています。

 

昨夜の報道の在りかたを

反省することも謝罪することもなく

選挙報道を継続している情報番組に

呆れています。

 

追記

実際に大和川は氾濫しました。

関西のテレビ局でさえ、まともに

報道してくれませんでした。

大和川近郊で生活されている

方からすれば、かなり困惑した

だろうし。怒りもあったのでは

ないでしょうか。

 


専業主婦ランキング

広告を非表示にする