箱女の日常

マイノリティーな日々を綴ります

姪が来た経緯

今日は姪っ子がウチに来た

経緯をお話しします。

(身バレする可能性があるので

ざっくりとしか説明できませんが)

 

今に始まったことではないのですが。

姪っ子は実母(私の妹)の男性遍歴に

振り回されてきました。

妹は結婚を2回しているので

姪は頻繁に名字が変わっています。

 

それは、まだ良いほうで。

 

妹の2回目の結婚相手が

モータースポーツ

のめり込んでいる人でして。

でも所詮、アマチュアなので

レースで食べていけるような

才能の持ち主ではありません。

そのアマチュアレーサーが

自身がやっているモータースポーツ

関するショップを開き。

スクールも開校したんです。

 

スクールとショップ経営だけでなく。

宣伝も兼ねて、アマチュア

レースチームを持っているので、

一年を通してレースに参戦しています。

 

レースに参戦し、年間優勝を狙うと

なると。お金が幾らあっても

足りないわけです。

 

この自称レーサーと深く関わるように

なってから、妹は祖父や母に

金の無心をするようになりました。

無心をする際の決まり文句は

「子供の学費・生活費が足りない」

でした。

 

母が渡したのは50万程でしたが。

祖父はトータルで500万近く

渡していました。

 

こういう事実がありながら。

去年の夏、姪っ子が私達に助けを

求めてきました。

 

妹は母親のくせに

修学旅行費を納めておらず、

担任の先生が家庭訪問を申し出ても

応じなかったそうです。

 

妹も、自称レーサーの夫と共に

レースにのめり込んでいます。

家庭訪問を断ったのも

「レースで負傷して自宅療養中

なので先生には会えません」

とのことだったそうです。

 

妹は自称レーサーの夫から

洗脳されているわけではありません。

妹は1回目の結婚のときから、

レースチームに所属していました。

どうやらそのときから

自称レーサー野郎と妹は不倫を

していたようで。

前夫と別れてすぐに

二人は入籍しているのです。

 

祖父が渡した500万は

姪の大学費用でした。

あの馬鹿夫婦は、それに手をつけた

のです。

 

自称レーサーは姪に謝っても

いません。

その500万が消えたのは

自分の経済力の無さだと

認めたくないようです。

 

つい先日。

私はそのレーサー野郎と

メールでやり合ったのですが。

向こうの言い分はこうでした。

 

「現在の当方の仕事を遊びだと

見られているようですが。

僕がどういったビジョンで

やっているか知っておられる

のでしょうか」

 

↑ 

この文面・・・

私は一言一句変えていません。

レーサー野郎は姪の大学費用に

手をつけた挙句。

この期に及んで

己のビジョンを語ろうとするわけです。

 

私がどうして、こんなクズと

メールのやり取りをしなければ

いけなかったかと言うと。

姪と自称レーサーが養子縁組を

解消することになったのです。

 

馬鹿夫婦は縁組解消には

反対しませんでしたが。

姪っ子の携帯代を

「今後は払いたくない」

と言い出したのです。

自称レーサーが払いたくないのは

理解できます。

ですが、私の妹が払わないのは

どう考えてもオカシイです。

 

妹は祖父や母に謝罪のひとつも

していません。

現状、姪の学費・生活費は祖父が

払ってくれていますが。

「ありがとう」のひとつも

ありません。

 

さらには

私はレーサー野郎とのメールの

やり取りのなかで。

こう言われました。

「これ以上、

僕らに関わらないでくれ」と。

 

この夫婦が

レース中に事故って死んでも

私は「天罰」としか思えません。

涙の一滴も出ません。

 

この記事を読んだ人のなかには。

「創作ブログじゃないの?」

と思う人もいらっしゃるかも

しれませんが。

うちの姪っ子は、

こんな馬鹿な大人のもとで

3年あまり生活していたのです。

 

こういう事情があって。

妹があまりにもクズだから

私が財産を相続することに

なったのです。

 

 

  
専業主婦ランキング