箱女の日常

マイノリティーな日々を綴ります

寝落ちアイテム

f:id:taiyounotousuita:20170909212349p:plain

高校のとき、同級生が

カラマーゾフの兄弟』を

読んでいました。

 

感想をきくと

「ロシア人は冗長で読むのが

大変」

と言っていたので、

私は一行も読むことなく挫折した

のですが。

 

数日前、ふと思い出し。

kindleで試し読みしてみると

嵌ってしまいました。

 

かなりの長編小説ですが。

挑戦してみます。

 

私は小説を読みながら

寝落ちするのが好きなので

紙で読むよりkindleの方が

都合がいいです。

文庫本だと字が小さいから

読み辛いですし。

 

 私は読書家というわけでは

ないのですが。

文章を読むと眠たくなるので

小説を睡眠導入剤の代わりに

しています。

 

副作用もなく

費用もかからないので

助かっています。

 

ただ、小説だったら

何でもいいわけではなくて。

 

予備校講師の林先生が

「最近のヒットしている小説は

読み応えの無い『離乳食』の

ような作品ばかり」

と仰っていたそうですが。

私もそういう『離乳食小説』は

避けます。

読みやすい小説だと

寝落ち効果が薄いのです。

 

ちょっと背伸びするくらいの

やや難解な作品だと、気持ちよく

寝落ちできます。

 

 

 


専業主婦ランキング